わかばの在宅業務
わかばの人材育成

在宅医療への取り組み

医療を取り巻く環境は時代の流れと共に刻々と変化しています。それに伴い、調剤薬局や薬剤師には、変化に的確に対応していく事が求めやれ、今日、その社会的要求にはますます強いものがみられます。

株式会社わかばでは在宅の必要性を認識し、十数年も前から高齢者入居施設を中心とした在宅医療に踏み出しました。取り組み始めた頃は「調剤とお届け」が在宅の主な業務でありましたが、以降、ご入居者さまやご家族さまへの「安全・安心・満足」の提供について、施設運営者との協議・検討、そしてわかばからの提案を重ねる中で、在宅業務そのものが進化を続けています。

それは薬剤師の職能を大いに発揮させ飛躍的拡大を見せました。現在では多職協議の下「きれいな施設の中で、スマートでカッコイイ」在宅業務が展開されています。

在宅医療への取り組み

仕事を楽しむことが基本

多種多様な薬局や薬剤師業務のなかで「自分自身を再発見する楽しさ、見つめ直す楽しさ」を実感。在宅業務を通した多職種協働の環境で知識や技術を実践的に学ぶ楽しさ。そして予防医療分野への取り組み、プレアボイド集の作成に携わる事で「メーカーや大学研究室との共同研究に参加できる実務とは異なる勉強機会」など、わかばには誰もが楽しさに浸れる環境があります。

得意分野は、より伸ばし不得意分野には時間をかけて挑戦していく。

「伸ばす楽しさと克服する楽しさ」を実感してもらいたい。わかばでは、そんな思いで一人ひとりの社員に目を向けながら、何よりも楽しい仕事環境を整えています。

仕事を楽しむことが基本