わかばの在宅業務

わかばの在宅業務には大きく3つのポイントがあります。施設内(薬局外)業務、薬局内業務、処理業務のシステム化がそれにあたります。在宅業務のイメージを一新させました。

医師・薬剤師・看護師・ケアスタッフによる多職協働体制を以って、患者さまに「安全・満足」という医療サービスを提供し、ご家族さまから「安心」という信頼をいただいております。

また、往診同行時や薬局内における業務におきましては、最新機器の導入と職場環境整備で、テマヒマを惜しまない調剤と正確性の維持、その上での効率向上を追求しています。そして、処理業務のシステム化により、在宅にかかわる様々な業務の整理整頓化が実現。「スマートでカッコイイ」在宅業務の流れが完成しました。

施設のなかでの仕事手順伝える力 聴く力 読む力

患者さま状況の把握、バイタル

患者さま状況の把握、バイタル
残薬のチェック、看護師、ケアスタッフの目、患者さまに直接お伺い

往診同行

往診同行
診察立会い、患者さま状況確認、薬剤師の立場から判断

往診同行後の医師とのカンファレンス

往診同行後の医師とのカンファレンス
診療方針の確認、疑義・処方提案

薬局のなかで職場環境の整備

ともすれば単調な作業が継続する薬局内作業。施設の看護師やケアスタッフの負担が少ない分だけ、コンプライアンスは向上します。わかばの社員はその為のテマヒマは惜しみません。そして、わかばではその為の環境整備を惜しみません。特に在宅専門薬局(外来対応のない薬局)では、最新機器の導入と作業環境の整備により、正確性の維持と無駄な作業の発生防止に努めています。

  • 最新機器の導入とゆったり気味の空間

    最新機器の導入とゆったり気味の空間

  • 調剤室内の監査スペース

    調剤室内の監査スペース

「宅み(往診同行支援ツール)」の自社開発で更に高まる薬剤師の職能

ここでも、テマヒマを惜しまずに薬剤師の職能が大いに発揮できる環境を整備。往診同行時では、ヒヤリングしながらタブレット端末で多種なテンプレートをタップするだけのスマートな操作。訪問服薬管理指導にかかわる計画書・報告書などの作成業務をサポート。内容確認と印刷でスマートな処理が可能。

  • 「宅み(往診同行支援ツール)」の自社開発で更に高まる薬剤師の職能
  • 「宅み(往診同行支援ツール)」の自社開発で更に高まる薬剤師の職能

在宅業務支援室の設置と在宅業務オンライン化で活躍する事務職

在宅業務の事務量は半端なものではありません。特に薬剤師の事務作業の合理化は、会社として取り組む事で初めて可能になります。

例えば居宅契約書の取得、医師・ケアマネージャーへの報告書類作成、他書類整理など。

在宅業務支援室の設置と在宅業務オンライン化で活躍する事務職
在宅を起点とした飛躍

わかばでは在宅業務を起点として、薬剤師の職能を存分に発揮し、かつ切り拓こうとしています。その為には薬剤師でなければ出来ない業務、係わらなくても済む業務を判断し、時間を造りだす事から始めなければなりません。

薬と処方せんだけに向かい合っている薬剤師から、幅広く医療に係わる人として、裾野を広げた薬剤師の在り方こそが、街中の調剤薬局とそこに働く薬剤師に求められているものと認識。

予防医療への取り組み

入居者の皆様の関心事は、骨そしょう症。健康フェアでの骨密度検査には、多くの方が参加します。治療をしている方と、治療を必要とする方には、大きな数値の開きが在るのが現実。薬剤師の提言から処方が始まる事例は珍しい事ではなく、一昨年は施設とメーカーとの共同研究として学会発表しました。

健康フェアで骨密度測定会

健康フェアで骨密度測定会

ご高齢の方にとりまして、転倒事故は大変な問題です。服用されているお薬と体や行動に関連した勉強会事故防止に大きく貢献。ケアスタッフの方々の検討事故防止への意識が飛躍的に向上し、ご家族の方々からの信頼もより厚いものとなっています。

施設職員方々との勉強会

施設職員方々との勉強会

プレアボイド

薬剤師がチーム医療の中で、服薬指導や薬歴管理を通じて、薬の副作用・相互作用をはじめとした患者の安全管理に寄与した実例報告の総称。今後5年間に亘り、東京大学大学院医療品情報学講座 澤田康文教授との共同研究が始まりわかばからも薬剤師が研究員として参加します。ご入居さまに寄せる施設職員の時間と関心は大きく向上。薬剤師への患者情報の提供量が増加しました。また、看護師からの情報収集や患者さまとの直接面談を根拠とした薬剤師の提案で処方内容・服用・使用等に変化がもたらされ、医師からの信頼を頂いています。

プレアボイド